​交通事故事件の解決事例

異議申立により後遺障害が認定された事例

医証を補充することで、難易度が高いと言われるむち打ちの後遺障害認定で14級を獲得しました

追突事故を起こされ、むち打ちになってしまったご依頼者からのご相談です。
約1年に渡り通院していたものの、保険会社による事前認定では後遺障害非該当とされてしまいました。
そこでご依頼をいただき、異議申立をおこなうことになりました。

裁判により通常よりも多くの慰謝料が認められた事例

裁判で粘り強く主張を続けたとことで、通常よりも多くの慰謝料を獲得することができました

自転車に乗っていた際に交通事故に遭い、目に後遺障害が残ってしまいました。
それを苦にしてか、自ら命を絶ってしまった方の相続人からご依頼をお受けしました。
相続人の方は、亡くなったことも交通事故が原因だと考えておられました。