アイキャッチ2.jpg

破産・債務整理

アロウズ法律事務所 > 破産・債務整理

​借金問題でお悩みではありませんか?

・借金の返済が大変なので返済額を減らしたい

​・返済できないほどの借金額になってしまったので自己破産を考えたい

借入金額が増えすぎ、収入の大半が返済に充てられるような状況になってしまうと、正常な生活を送ることが難しくなってしまいます。

そのような状況になってしまっても、債務の返済額を減らしたり、返済そのものをなくしたりする手続きがあります。

債務を整理する方法

・任意整理

債権者と交渉して返済計画を立て直し、利息を減額した上で無理のない返済を行う。

​裁判所を通さない簡易な方法のため、債務の大幅な圧縮は見込めない。

・自己破産

裁判所に破産の申立をし、免責許可を受けて借金を全額免除してもらう。

支払不能状態になった場合に申立てができる。借金が全て帳消しになるが、財産もほとんど全て失うことになる。

​手続きに手間と時間がかかる。

・民事再生

裁判所に個人再生の申立をし、一定の財産を処分して債務額を大幅に圧縮した上で、3年程度の期間で返済をしていく。

​マイホームを手放したくないといった場合に利用を検討する。ただし、安定した収入が必要。

弁護士に依頼するメリット

督促が止まる

​弁護士に依頼し、弁護士が債権者に受任通知を出すと、債権者からの督促が止まります。また、債務の返済を一時的に止めることができます。

弁済額が減る

債権者と交渉したり、裁判所の手続きをおこなうことで、弁済額を大幅に減らすことができます。

多額の債務でも処理ができる

司法書士も債務整理を行うことができますが、140万円までという制約があります。140万円を超えている債権者がいた場合には、その債権者だけは自身で交渉したりする必要が生じてしまいます。

​弁護士であれば、金額にかかわらず、全ての債権者と交渉したり破産を申立てたりすることが可能です。

無料相談

債務整理に関するご相談は

初回30分 無料

でおこなっています(ただし平日の営業時間中のご相談に限ります)。

お気軽にご相談下さい。