債務整理の解決事例

ギャンブルが原因の借金で免責許可(同時廃止)を得た事例

ギャンブルという免責不許可事由がありましたが、原因を裁判所に伝え、同時廃止で免責許可を得ました

独身だった20代の頃から、趣味でパチンコやスロットに週2回程度行っていました。
結婚後、ギャンブルの頻度は減りましたが、返済をすると生活費が足りなくなるので、借りては返すのを繰り返して、借り入れ総額が800万円を超え、ご相談を受けました。

二度目の破産にもかかわらず免責許可を得た事例(同時廃止)

二度目の破産でしたが、裁判所に丁寧に説明を行うことで、同時廃止で免責許可を得ました

20代の頃にクレジットカードでの買い物が原因で一度破産をしていました。
その後、結婚して家族が増え、生活費不足から再度借り入れをするようになり、返済が出来なくなってご相談を受けました。