コンテンツ一覧

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

相談内容別サイト

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

Copyright © 2015 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アロウズ法律事務所 > 刑事弁護 > 盗撮事件> 盗撮事件の質問2

24時間予約受付電話

 

 

TEL: 096-327-8389

 

 

無料相談メール

盗撮事件の逮捕・起訴に関する質問 2

盗撮事件についてのよくある質問と、当事務所が実際に受けた具体的な質問についての回答を掲載しています。

■質問

数年前に駅のエスカレータで女性のスカートの中を盗撮し、現行犯逮捕されました。その時には罰金30万を払っています。

恥ずかしながら、今度は居酒屋で、お客の女性スカートの中を盗撮しようとしました。ところが、女性に気付かれてしまい、その場から逃げました。

おそらく、店の防犯カメラに写っていると思います。

デジカメのSDカードは捨てています。

私は逮捕されてしまうのでしょうか。

 

■回答

盗撮は現行犯ではないと捕まる可能性は低いですから、あなたの場合も今回の件で逮捕される可能性は低いでしょう。

ただ、こうしたことを続けていればいずれ捕まります。

今後はやらないようにしてください。

■質問

恥ずかしい事ですが、先日、靴に仕込んだ小型カメラで盗撮をしてしまい、警察に見つかってしまいました。

お酒に酔っていたとは言え、盗撮してしまったことを後悔しています。これが初犯です。警察署に連行されて、罪を認めました。父親に身元引き受け人となってもらい、帰宅しました。

事情聴取では正直に話をしました。小型カメラの中には多くの動画が残ってます。その後、警察から何回かきてくれと言われ、2回ほど行きました。私は罰金になるのでしょうか?その場合罰金は幾らになるでしょうか?

 

■回答

何もしなければ罰金になる可能性が高いでしょう。

通常、30万円程度の罰金刑になることが多いようです。

ただ、被害者の方に適切にお詫びをすれば、罰金を避けられる場合もあります。お近くの弁護士に相談した方が良いでしょう。

盗撮事件に関する質問

  2      

刑事事件の相談受付 TEL: 096-327-8389

法律相談のご予約は365日、24時間受付

 

刑事事件は時間との勝負です。まずはご連絡ください。

逮捕された方のご家族からのご相談、警察から呼び出されている方からの電話相談は無料です。※電話無料相談は九州在住の方に限らせていただいております。