コンテンツ一覧

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

相談内容別サイト

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

Copyright © 2015 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アロウズ法律事務所 > 刑事弁護 > 青少年健全育成条例違反事件

24時間予約受付電話

 

 

TEL: 096-327-8389

 

 

無料相談メール

青少年健全育成条例違反事件

18歳未満の児童とわいせつな行為等をした場合、各都道府県の定める青少年健全育成条例違反(青少年保護育成条例違反)にあたります(県によっては、条例がない所もあります)。金銭等の見返りを渡したり、その約束をしたりすると児童買春となり、そうした行為がなくわいせつな行為に及んだ場合には、各都道府県の青少年健全育成条例違反で処罰されることになります。

 

児童買春では、児童が18歳未満だったことについて故意がなければ処罰されませんが、青少年健全育成条例では、故意がなくとも過失があった場合には処罰すると定めているところが多いです(年齢をしっかりと確認しなければならないということです)。

 

青少年健全育成条例違反は、各都道府県によって若干刑の重さが違います。逮捕されるかどうかは、各県警の方針によってだいぶ異なり、逮捕されやすい都道府県とそうでもない都道府県があります。一般論としては、大都市であるほど逮捕されづらく、地方に行くほど逮捕されやすい傾向にあるようです。

 

青少年健全育成条例違反事件では、初犯であれば、ほとんどの場合罰金刑となります。

児童買春と同じく、青少年健全育成条例でも、被害者(の保護者)に対して適切にお詫びをし、その結果、処罰を求めないと言っていただいた場合であっても、罰金になってしまうことがあります。ただ、検察官との交渉によっては、罰金を避けられる場合もあるので、前科を付けたくないという場合には、弁護士をつけて示談交渉をした上、検察官を説得するなど、できる限りの方法を行っていくことになります。

 

初犯であっても、悪質な場合には、起訴されて裁判になる可能性も出てきます。

ただ、そうした場合であっても、被害者に適切にお詫びし、検察官と交渉すれば、罰金で済む場合もあります。また裁判になった場合でも、執行猶予付の判決となり、刑務所に行かないで済みます。

 

前科を付けたくない、刑務所に行くことになるか不安という方は、青少年健全育成条例違反事件に強い熊本市中央区のアロウズ法律事務所の弁護士にご相談ください。

青少年健全育成条例違反事件に関する質問

刑事事件の相談受付 TEL: 096-327-8389

法律相談のご予約は365日、24時間受付

 

刑事事件は時間との勝負です。まずはご連絡ください。

逮捕された方のご家族からのご相談、警察から呼び出されている方からの電話相談は無料です。※電話無料相談は九州在住の方に限らせていただいております。