アイキャッチ2.jpg

500万円請求された慰謝料を70万円に減額した事例

執筆者:

弁護士 大岸裕介

妻帯者と不貞してしまい、妻側から500万円を請求されましたが、交渉により70万円に減額しました

ご相談内容

不貞行為を行っていることを不貞相手の妻に知られてしまい、500万円もの慰謝料を請求されてしまったとのご相談を受けました。

ご依頼後

まず、妻側に対し、弁護士が入ることを通知します。これによってご依頼者様は、妻と直接連絡を取り合うという精神的な負担から解放されることになりました。


その後、弁護士が慰謝料額について交渉を行いました。

夫ではなく不貞相手への請求であること、不貞回数や、経緯などを踏まえると、500万円という慰謝料額は不当に高額な請求だと考えられたため、そうしたことを妻側に伝えました。

複数回のやりとりを経て、慰謝料額は70万円にまで下がり、無事和解が成立することになりました。

解決のポイント

不貞の慰謝料請求では、相手方が不当に高額な請求を行ってくる場合がよくあります。そうした場合でも、弁護士が間に入り、裁判例などを踏まえた交渉を行うことで、大幅に減額できるます。