アイキャッチ2.jpg

裁判により通常よりも多くの慰謝料が認められた事例

執筆者:

弁護士 川島孝之

裁判で粘り強く主張を続けたとことで、通常よりも多くの慰謝料を獲得することができました

ご相談内容

自転車に乗っていた際に交通事故に遭い、目に後遺障害が残ってしまいました。
それを苦にしてか、自ら命を絶ってしまった方の相続人からご依頼をお受けしました。
相続人の方は、亡くなったことも交通事故が原因だと考えておられました。

ご依頼後

法的には、亡くなったことと事故との因果関係を証明するのは非常に困難なケースでした。
そのため、保険会社との交渉は早々に決裂しました。
私たちは訴訟を提起し、本人が事故後に感じていた苦痛を丹念に裁判所に説明したところ、目の後遺障害で通常認められる慰謝料よりも相当高額であり、実質的に死亡したことが考慮された慰謝料額で和解することができました。

解決のポイント

裁判所にご本人の状況を理解してもらうことに力点を置き、説得的な書面を作成できたことが、良い結果につながった事例でした。